| トップページ |
まちあるき No.100

週末は街の商店街へ行こう (前篇)

ガシ横マーケットプラス イベント探訪編

gashiyoko00_street02.jpg
▲商店街側からガシ横マーケット入口。

"ガシ"の愛称で地元民に親しまれる堺東の駅前が元気です。堺東の名店を巡る「ガシバル"堺東まちなか逸品バル"」は、すでにお酒好きの皆さんにはおなじみ。
そして月に一回、商店街内の横丁で始まったのが「ガシ横マーケットプラス」。
9月の開催で4回目を迎えたこのイベントを覗いてみましょう。

gashiyoko00_street03.jpg
▲普段、昼間は閑散としている通りがごった返しました。


■賑わいの横丁へ行こう!
10時にオープンの「ガシ横」ですが、すでにお客様の賑わいがあります。
この「ガシ横」マーケットに出店しているのは、余所でお店を開いている方からイベント時のみ出店される方、非営利の団体まで様々です。

●あい Handmade
gashiyoko01_ai01.jpg

ハンドメイドの陶器から鞄、アクセサリーなど多くを出品している「あい Handmade」さん。「ガシ横」には1回目から参加の皆勤賞です。
「鞄を買ったお客様が次の回にも来られて傘を買っていただいたこともあります」


●JIN工房&Lapin*
gashiyoko01_jinkoubou01.jpg

ハンドメイド作品の「JIN工房」さんと「Lapin*」さんの共同出店ブース。
「JIN工房」さんはトンボ玉の作品。「Lapin*」さんはアクセサリーをメインにした出品です。「ガシ横」への出店は3回目となります。


●紙カフェ produced by tour de SAKAI
gashiyoko01_kamicafe01.jpg

我らが「紙カフェ」。定番の紙雑貨の中でも、場所柄もあって「堺柄」の商品が良く出るそうです。
「イベント出店の後にお店に訪ねてこられる方が多いと感じます」
お店は、ちんちん電車の「大小路」電停近く、山之口商店街にあり、堺珈琲や和スイーツなどほっこりメニューでお待ちしています。


●Pain de Singe(パン ド サンジュ)
gashiyoko01_singe01.jpg

「とびばこパン」で有名な西区の「Pain de Singe」さんは、おそろいのユニフォームで販売。人の顔よりも大きい「オムライスクリームパン」など、他にはない楽しいパンが一杯。
「今は(西区は)だんじりの季節です。遊びに来てくださいね」
だんじりの時期限定の「だんじりパン」も人気ですよ!


●アン・デ・プルミエ
gashiyoko01_andepurumie01.jpg

ラスク工房「アン・デ・プルミエ」さん。商品は全てラスクで、その種類の多さには目を見張ります。
「ガシ横」でのイベント出店は2回目で、お客様をキャッチするコツがまだつかめないそうです。
「声を出して呼びかけないといけませんね!」


●手づくり工房 堺あるへい堂
gashiyoko01_aruheidou01.jpg

手作りの飴を製造販売している「堺あるへい堂」さん。地元泉州のみかん飴やナスの飴、堺の名所をテーマにした飴など種類も豊富。新作の「古代米の米飴」も注目でした。
綿菓子の販売もあり、お祭りムードを盛り上げていました。


●Hand Made SANO
gashiyoko01_handmadesano01.jpg

手作り雑貨の「Hand Made SANO」さん。鞄やアクセサリーなど大人向けの作品が並びますね。
百貨店での出店も多く、堺の高島屋で販売されることも。要チェックです。


●NAP(ナップ)
gashiyoko01_nap01.jpg

好きな色の折り紙を使った作品作りのワークショップが楽しめる「NAP」さん。「ガシ横」に参加するのは3回目です。
「小さなお子さんに楽しんでもらっています」


●おしゃれ作業服イーストバレイ
gashiyoko01_eastvrey01.jpg

おしゃれな作業服を作り続けて20年の「イーストバレイ」さん。本日は小さなお子様向けに「チビTシャツお絵かき」。それに子供の適正がわかる「占い」コーナーも! 
手にしたシンボルマークやロゴもかっこいいですね!


●アロマテラピーWakeke~る
gashiyoko01_wakeke^ru01.jpg

「Wakeke~る」さんでは、目的に応じた好きなアロマを調合するアロマスプレー作りが体験できます。
「夏の間は『虫よけ』スプレーが人気でしたが、これからは『風邪予防』スプレーがいいんじゃないでしょうか」
色んな用途のアロマがあることに驚きです!


●おさんぽあーと
gashiyoko01_osanpoart01.jpg

パステルアート体験でおなじみの「おさんぽあーと」さん。今日は、うえまつみのり先生の生徒でもある平松美紀さんが先生です。平松さん自身もワークショップや講習会を開かれています。


●ナチュラル雑貨 yula-moco
gashiyoko01_yulamoco01.jpg

色とりどりのマスキングテープが目をひいたのは「yula-moco」さん。貝塚市にある店舗には、更に様々なマスキングテープがあるそうです。
「マスキングテープといっても写真に貼るぐらいしか使い方を知らない方もいらっしゃいますから、使い方の紹介をして、お店では体験も出来ますよ」


●エプロン・ママ
gashiyoko01_eplonmama01.jpg

ハンドメイド作品の製造販売をされている「エプロンママ」さん。屋号のイメージそのままに、タオルハンガーなど生活に密着した商品が多いようです。デパートでの出店もされています。


●OKOLEHAU
gashiyoko01_okolehau01.jpg

"オコレハウ"という不思議な語感は、ハワイのお酒の銘柄から。現地で生地を探していた時に教わったそうです。綺麗な生地を使ったハンドメイドの作品が沢山。京都や神戸のイベントでも出店されています。


●やまとなでし香
gashiyoko01_yamatonadesikou01.jpg

プール学院大学短期大学部のゼミ生と「奥野晴明堂」とのコラボ商品を販売。パッケージデザインからお香の調合まで生徒さんが関わって製品開発をしました。
「今日おいている手ぬぐいとお香は先輩たちが携わったものですが、今私たちもオーバー40とアンダー40で年代に応じたお香を開発中です」


●フラワーバイキング
gashiyoko01_flowerviking01.jpg

プリザーブドフラワー一輪と造花のフラワーバイキングで、自分だけのフラワーアレンジを楽しむことができます。
「ハロウィン用の飾りも用意しています。季節ごとに楽しめますよ」


●ワンラブ訪問介護ステーション
gashiyoko01_onelove01.jpg

「ワンラブ訪問介護ステーション」では障害児向けの服と、お年寄りなどの介護服を開発販売されています。
「おむつ用の服は大体80サイズぐらいまでしかないんです。でも障害児向けにはもっと大きいのを作って欲しいと頼まれたんです。それに、オシャレな服であること! 介護服もオシャレな介護服を作りました」
野暮ったい介護服だと外出したがらなかったお年寄りも、この介護服だと積極的に出たいと思われるそうです。


●非営利活動法人ピンクリボン大阪
gashiyoko01_pinkribon01.jpg

「ピンクリボン大阪」は乳がん・子宮がんの検診啓発活動をしている市民団体です。置いてあるお手玉を触ると疑似体験ができます。
「違和感があるのがわかりますか? これは乳がんのしこりと同じ硬さなんです」
周知に加えて、寄付やグッズ販売も行われていました。

gashiyoko01_uketuke01.jpg
▲受け付けや呼び込みを担当していたタウンマネージャーの伊津田裕さん。



■商店街のお店も協力!

●(株)Life Design
gashiyoko01_lifedesign01.jpg

「(株)Life Design」さんは、ドリンクとミルクせんべいの販売。さっそくお客様がミルクせんべいのコイン落としゲームにチャレンジ! 水槽の上からコインを落として、見事小さい的に的中。せんべいプラス10枚!! を勝ち取りました。
「発見したら無条件でミルクせんべいを買うようにしているんです」と筋金入りだった様子。おみそれしました。


●泉州庵
gashiyoko01_sensyuan01.jpg

泉州名産品を販売する「泉州庵」さん。
「お彼岸が近いのでおはぎを用意しました。人気は『とうふドーナッツ』や『泉州ガッチョ』です」
手には、知る人ぞ知る堺の銘菓「あたり『前田のクラッカー』」。


●ショップナイス
gashiyoko02_shopnice01.jpg

横丁の八百屋さん「ショップナイス」さん。今日もいつも通りに営業です。
「丁度ヘチマの季節になりましたよ」
ヘチマは、インド、中国など海外出身の方が良く買われるそうです。


●キッチンライフando&旬菜料理一休
gashiyoko02_andoutouki01.jpg

「安藤陶器」さんの前で一緒に出店されていました。エコ洗剤の「キッチンライフando」さんと、「玉ねぎドレッシング」の販売は以前生ごみ処理で取材した野里千惠子さんの販売。


●鉄板バルHILO☆宗友
gashiyoko02_teppanbar03.jpg

「ガシ横開催日だから」と普段は開けない日曜のお昼にオープンしていた「鉄板バルHILO☆宗友」さん。茶美豚の生姜焼きやフレンチトーストのランチを楽しめます。中にはお昼からビールを楽しんでいた方も。

gashiyoko02_teppanbar02.jpg gashiyoko02_teppanbar01.jpg
▲生姜焼きランチ、美味しくいただきます!! ▲出店されていた皆さんもお食事に。ワンラブ訪問介護の皆さんと遭遇しました。


第一回から参加している「(株)Life design」の高田さんに客足についてお聞きしました。
「これまでの三回は午前中は閑散としていたんですが、今回は午前中からお客様が沢山いらしてますね」
他のお店の方々からも同様の声をききます。「ガシ横マーケットプラス」も回数を重ねて随分認知されてきたようです。
このガシ横マーケットがどのように生まれ、ここまで盛り上がるようになったのでしょうか? その秘密は後篇で!

gashiyoko03_kawabata01.jpg
▲タウンマネージャーの川端裕貴さんは、マーケットの様子を撮影してネットにアップ。




TEL:090-6242-2770
メールアドレス:gashiyokoplus@gmail.com

検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

| トップページ |