| トップページ |
まちあるき No.No.069

印刷の新たな可能性!?「印刷アイドルCMYK」

印刷EXPO vol.3 訪問記

 

pri_ex01.jpg

▲会場は平和紙業株式会社のギャラリー「ペーパーボイス」です。

 さる2013年7月22日から25日の期間で開催された『印刷EXPO vol.3』におじゃましてきました!
 印刷EXPOとは、パッケージやグラフィックのデザイナー達と印刷会社が、印刷物の技術や表現をより多くの人たちに知ってもらうため「普段ではやらないような印刷・加工にも積極的に挑戦してみよう」という展示会です。毎年の開催場所は平和紙業さんのギャラリー「PAPER VOICE」。展示会場としては決して広くはないものの、毎年大変な盛り上がりを見せています。年ごとのテーマが決まっていて、第1回目は「夏休みの登校日」、第2回目「きもだめし」ときて、第3回目のテーマは「印刷アイドルCMYK」。
 おなじみCMYKの4色をテーマに様々な加工を駆使した成果物が展示されています。デザイナーからの敢えてのムチャ振りに、いかに印刷会社が持てる技術を持って応えることが出来るか――参加企業とデザイナー達の丁々発止のやりとりが展示品からはひしひしと伝わってきます。

pri_ex02.jpg

▲印刷基本色CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)をテーマにした作品群

 今回案内と説明をしてくださったのは参加企業の1つ、株式会社ダイムの井元敏行さん。「商業ベースなら絶対出来ませんが、展示品としての一点ものなら難しくて手間暇かかる製品にも挑戦できますね。むしろ「作品」ととらえていただいた方がいいかもしれません」とお話ししてくださいました。
 テーマが「印刷アイドルCMYK」とあって、CMYK4人でイメージされた架空アイドルが会場のそこここに。アイドルなので歌もうたいます。展示されているレコードジャケットにスマホを合わせるとARでこのCMYKちゃん達が歌い踊る様子を見ることが。
pri_ex03.jpg

 その「オフセットワールド」という曲は、印刷業界の人ならば涙無しでは聞けない歌詞に充ち満ちております。
「レタッチだらけの恋愛は飽きたわ」「キミの心を彩るの 4色の掛け合わせで」「キミからのLINE アウトライン」「不安なキモチは トルツメで」・・・。
 しばらくyoutubeでも公開され、ネットニュースやまとめサイトでも紹介され話題になりました。
 採算を考慮しなければ印刷ってこんなに遊べるの!?と毎年のごとく目から鱗が落ちる『印刷EXPO』―利益とこだわりとのバランスを取っていくことが商業印刷の宿命ではありますが、こんな風にとんがったイベントで生まれたアイディアから商業ベースに乗る新技術が生まれてくれれば、印刷の可能性はもっと広がる―といつも思わせてくれる展示会です。
 今日から東京で巡回展も行われるこのイベント。関連サイトの情報をぜひチェックしてみてください!

 

・印刷EXPO「印刷アイドルCMYK」東京展
 2013年9月9日~20日:9:00-17:00(土日祝休み)
 平和紙業ペーパーボイス東京(茅場町駅より徒歩7分)


・関連サイト
 http://www.insatsu-expo.com/
 https://www.facebook.com/insatsu.expo

検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

| トップページ |