| トップページ |
まちあるき No.062

塩鯖の店 食事処 奴

日本海の恵みを身近に堪能

【ガシバル特集】

00_yakko_face.jpg
▲南海高野線「堺東」駅・西口出てすぐ。元気な鯖のイラストがお出迎え。

日常のご飯、定食の定番といえば『塩鯖』は外せません。
駅前から堺東銀座商店街に入ってすぐの路地。『塩鯖の店 奴(やっこ)』はそんな『塩鯖』の美味しさを堪能できるお店です。

01_yakko_barmenu.jpg
▲ガシバルメニュー。塩鯖・鯖塩麹漬け・鯖へしこ・鯖煮付けの4種類の鯖が味わえます。

「塩鯖にこだわっているわけじゃないんですよ。鯖でも煮付けや、へしこ、麹漬けに、オリーブオイルでイタリアンな調理でお出しすることがあります」
店長の田中直道さんは鳥取出身ということもあり、食材は魚介類はすべて鳥取から取り寄せた天然物。お米も鳥取産です。

「美味しいものを食べて欲しいので良い素材の日本海の魚を仕入れています。関西のお客様には珍しい魚も色々食べていただけます」
確かにメニューには馴染みの無い『沖ギス』『カナガシラ』なんて魚の名前も。
「明日はアンコウが入ります。色んな珍味を味わってほしいですね」

02_yakko_menu01.jpg 02_yakko_menu02.jpg
▲塩鯖定食550円はかなりリーズナブル。たっぷり食べたい人にはスペシャル定食で。 ▲お持ち帰りもあります。最近の研究ではへしこはむしろ血圧をさげる効果がありオススメだそうです。

そんな新鮮な素材を生かすために、徹底的にこだわっているのは『水』です。
「ちゃんとした『逆浸透膜浄水器』を備え付けています。水道水をそのまま使ってお米をつけておいたりすると、すぐに黄色くなって匂うでしょう。この浄水は美味しいご飯が炊けますよ。余分な物は濾過されているので体にも安全です」

03_yakko_tennai01.jpg 03_yakko_tennai02.jpg
▲若い人からお年寄りまでお客様は様々。 ▲『逆浸透膜浄水器』は宇宙ステーションや遠洋航海する船でも使われています。お店でも浄水で入れたトウモロコシ茶を出しています。

美味しく安全な料理をお客様に沢山食べて欲しい。そんな『奴』はランチだけでなく夜もリーズナブル。
「呑みにいらっしゃっても1人3000円を超えることはほとんどありませんよ」
お財布にも優しいお店です。

塩鯖専門店 奴
堺区北瓦町2丁1-24
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
日曜定休
TEL 072-260-4081

検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

| トップページ |