| トップページ |
まちあるき No.059

ネパール・インド料理 Laxim

美味し国 女神の店

【ガシバル特集】
00_laxim_tentou.jpg
▲南海本線「堺東」駅、北西口から徒歩数分。ランチが人気です。

エキゾチックな装飾が一際一目をひきます。
ネパール・インド料理『Laxim(ラクシュミ)』は女性層、それに学生に人気のお店。
「(お得な)学生セットがあるからね」
オーナーのディララム・サプコタさんはネパールのチトワン地方の出身。17年前にビジネスで来日し、11年前に堺東にインド料理店『Devi(デビ)』を、6年前に栄橋町に『Devi-2』をオープン。そして『Laxim』をオープンしたのが4年目になります。

「ネパール料理とインド料理は違います。使っている香辛料も違うし、独特のモモ(ゆで餃子)のような料理もあります」
ほどよくスパイシーとされるネパール料理。ネパールは北海道ほどの広さですが、熱帯のジャングルから「世界の屋根」ヒマラヤまでの高度差があり、豊富な食材の揃う「美味し国」なのです。

00_laxim_himarayaset.jpg
▲ネパール料理を楽しめるヒマラヤセット。向かって右下がモモ。

00_laxim_menu01.jpg 00_laxim_menu02.jpg
▲カレーの辛さは自由に選べるので辛さが苦手な方でも安心です。 ▲タンドーリチキンなどグリル料理で豪華なディナーも。

ガシバル(堺東まちなか"逸品バル")にも何度も参加しており、毎回沢山のお客様に来店して喜んでいただけているとか。今回はミニサイズのサラダ・サモサ・キーマカレーとドリンクのセットを用意しました。
「ちょっとずつ味を楽しんでもらうことが出来ますよ」
ネパール料理に初挑戦するにはうってつけですね。

01_laxim_barmenu1.jpg
▲バルメニュー。ネパール料理をちょっとおつまみに。

01_laxim_nan.jpg 01_laxim_tennai.jpg


日本語の堪能なディララムさんは、興味をもったお客様にネパールの魅力を紹介をするのが大好きです。
「ネパールにはヒマラヤやブッダ誕生の地があって、日本人の観光客に人気なんです」
お店のお客様がネパールに観光旅行に行くときには現地のガイドを紹介したり、時にはネパールのお宅に宿泊を勧めることもあるそうです。

02_laxim_dilaram.jpg
▲代表のディララムさん。忙しいランチタイムにはウェイターとして丁寧な接客でお店を切り盛りをします。

「日本人のお客様はみんな優しいですね」
堺に住んで11年。日本人の友人も沢山いるというディララムさん。お店の名前であるデビとラクシュミはヒンズー教の姉妹の女神ですが、娘さんの名前もデビだそうです。
子供の話をする時には一際目尻がさがり、優しいお父さんの表情を浮かべたのでした。

02_laxim_laxim.jpg 02_laxim_devi.jpg
▲お店の名前の由来となった女神ラクシュミ。 ▲こちらは女神デビ。勇ましく美しい姿。

ネパール・インド料理 Laxim
堺区北花田口町3-1-26 白山ビル1F東側
TEL/FAX 072-227-9116
web:



 

検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

| トップページ |