| トップページ |
まちあるき No.005

ガシ菓子(1) TOFUCHAUDE?!

堺東の新名物スイーツ(その1)

"ガシ"と聞いて即座に"堺東"と変換できるアナタはかなりの堺通。
では、南海電車の駅構内にある"アンスリー"は御存知でしょうか。アンスリーは南海電鉄と京阪電鉄が経営するコンビニです。

昨年12月末、堺駅のアンスリー前を通った時のこと。『堺東菓子』と書かれた店頭チラシを見かけました。なぬ~?!ガシガシ~??・・・たいへん気になったのですが、なにせ師走、横目で文字を追いつつその場を走り去らねばなりませんでした。

月日は流れ、梅の花もほころぶ2月。ふとあのチラシのことを思い出したのです。
思い立ったが吉日。さっそく南海堺駅のアンスリーへ。
期間限定なのかな?まだあるかな?ちょっと心配。
 
ansuri_top.jpg

アンスリー入口と店内には『堺東菓子』のチラシがまだ貼ってありました。よかった~。ちなみに『堺東菓子』は『ガシガシ』ではなく、『ガシスイーツ』が正しい読み方、ですって。

ansuri1.jpg

ありました!!堺東菓子『TOFUCHAUDE』税込152円なり。

ansuri2.jpg

ご丁寧に"豆腐ちゃうで。"と。
さらに吹き出しで"Chau! Chau!"と。
うわ。ターゲットは観光客なの??

ansuri3.jpg

パッケージのふたの上に、なにやらポロポロとした粒状のものが・・・。
菓子の上にこれをふりかけて食せというメッセージなのでしょう。

ansuri4.jpg

お皿に載せて、さきほどのポロポロをトッピング。
ちょっとちょっと、お豆腐ですよ、これ。焼き豆腐ですけど。
つまりトッピングは"薬味"でしたか。そう気づいてトッピングの原材料を見ると、バター、グラニュー糖などにまじって"ジンジャーパウダー"なる表記が。
やっぱりね。
でも説明書きは一切なし。潔いというか、企画サイドの含み笑い的なものを感じます。

ansuri5.jpg

ではいただきまぁす。あら。とぉーってもふんわりした食感。ムースですね。
クリームチーズが入っているようなのですが、正直チーズの味はあまりしません。
でも原材料に余計なもの(保存料・着色料的な)が入っていないので好感度高し。
とその時、衝撃の事実が発覚。"豆腐"も入ってる。
「TOFUCHAUDEって言ったけどゴメンそれはChau!Chau! TOFU YA DE。」・・・って?!
あーもう、ややこしいわ!!

なんやかんや言ってますが楽しくおいしくいただきました。
Not濃厚、さっぱり系。食後のデザートにぴったりです。
願わくばもう少し大きく・・・してくれないかなぁ~。お値段据え置きで☆


『TOFUCHAUDE』は、堺東に昨年9月にオープンしたスイーツファクトリー"スリーズ(Cerise)"とアンスリーの共同企画商品。

この日はたまたま『TOFUCHAUDE』は1個入りしかありませんでしたが、2個入り252円(税込)もあります。

"堺東菓子"は、他に『生ガシフォン』368円(税込)『甘党の生キャラメル』368円 (税込)『たまごとミルクの美味しいプリン』 231円 (税込)などもあります。
以上はアンスリーの堺駅店・堺東店限定で販売。(2010年12月7日より販売中)

アンスリーの『TOFUCHAUDE』はかなりのインパクトでしたが、今度はスリーズに行ってショーケースに並んでいる(はずの)『TOFUCHAUDE』も見てみたい。そして食べてみたい。そんな欲望がむくむくと湧いてきました。
ということで、次回はスリーズの堺東菓子を求めて堺東に行ってまいります。


検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

| トップページ |