| トップページ |
雑記帖 No.089

堺酔人酩物伝 3 ~印刷物の変遷 木版から活版へ~

タチバナ印刷に残る歴史の証

suijin3_0_face01.jpg

明治の堺の発展を主導した酒造業。名水が湧き、伏見や灘に引けを取らない酒処だった堺では様々なお酒が作られました。
堺の酒造の歴史を追う「堺堺酔人酩物伝」。今回はちょっと渋く、明治の印刷事情についてです。明治期の酒瓶のラベルを印刷し、今も現物を保存所持している「タチバナ印刷株式会社」さんに二度目の取材をお願いしました。アサヒビール創業者・鳥井駒吉の曽孫・鳥井洋さんから預かった「南海鉄道案内」を小脇に抱え、「ホウユウ印刷」の田中幸恵と共に、当時の印刷のあれこれを伺いました。

suijin3_1_harukoma01.jpg
▲アサヒビールの前身ともいえる鳥井合名会社の銘酒「春駒」は海を渡り、高く評価された。英文での説明書きがタチバナ印刷に残っていた。


■タチバナ印刷の歴史
現在も営業を続けている堺の印刷屋さんの中でも、タチバナ印刷はおそらくもっとも長い歴史を持つ印刷屋さんです。そもそも立花家の歴史を紐解くと、戦国時代の伝説的な商人・種子島から鉄砲を伝えた橘屋又三郎に行き着くと伝えられていますが、1945年の堺大空襲で多くの資料が失われ、確かなことは言えないと、当代の立花啓司さんはいいます。(詳細はこちら.)
現存する資料で伺えるのは、江戸時代末期から明治にかけていた立花源治郎が印刷業を営んでおり、明治期には源治郎さんの息子で、啓司さんからすると曽祖父にあたる清次郎さんが活躍して家業を発展させたのではないか、ということです。
「当時は木版印刷を、分業でやっていました。堺は刃物もそうだけれど、なんでも分業でやっていた。だから、今でも印刷業者もしぶとく残っているんです」

suijin3_0_tachibana01.jpg
▲左、田中幸恵(ホウユウ株式会社)。右、立花啓司さん。


現在では技術革新が進んで印刷屋というとひとくくりのイメージがありますが、もともとは別々の工程を多くの業者が担当していました。
江戸時代には、彫師が木版を彫り、刷師が刷りといった形をとっていましたが、活版の時代でもそうした分業は続いていたのです。田中によると、
「活版でも、原稿から版を組む所、版を焼く所、その版を使って印刷をする所があって、その後は製本屋さんに持っていきます」

suijin3_1_hashimoto01.jpg
▲啓司さんの父・章さんの代に購入し、今も現役で活躍する活版印刷機。


この違いでいうと、「ホウユウ株式会社」は版を組んで作る印刷屋さんで、「タチバナ印刷」は印刷機を動かして印刷物を刷る印刷屋さんになります。
立花さんがご自身を「職人だ」というのは、オフセット印刷が主流となった現在でも機械を直接操作する技術者としての自負からだったのです。


■木版技術と活版技術の結晶を見る
明治期の「タチバナ印刷」でも、担当していたのは印刷部分だったようです。
「木版の彫り師さんたちを自分の所で抱えていたのか、それとも外に発注していたのか、今となっては確かなことはわかりません」
日本での活版の普及は、明治10年代だそうです。

suijin3_2_tabako01.jpg
▲明治10年ごろのタバコのラベル。今も鮮やかな色彩が残る木版印刷です。


サンプルとして残っているタバコのラベルの印刷は明治10年の頃の木版印刷で、美しい多色刷りです。年代的にも、江戸時代からの職人さんが腕を振るったものなのでしょう。
そして、清次郎さんが残したラベルや本の中に、「活版標本」なるものを発見。明治42年に刷られたこの本は、印刷に使う「飾り罫」の見本でした。
おそらくこの間のどこかのタイミングで「タチバナ印刷」も活版へと切り替わっていったのでしょう。

suijin3_2_kazarikei01.jpg
▲「活版標本」の飾り罫見本。


今、立花さんの手元には、明治時代に「タチバナ印刷」が手がけたであろう印刷物が風呂敷に幾包ほどか残されています。これは1945年の堺大空襲で当時の印刷所が全焼した中で戦火を免れた貴重な資料です。
「戦争さえなければ」
と立花さんが折に触れて口惜しさをにじませるように、残った印刷物を見るだけでも、明治の堺の印刷業者がどれほど高い技術を持っていたのかが伺えます。

繊細な線の表現。今も色あせない美しい色彩。粋なデザイン。それらは、鳥井駒吉の開発した一升瓶を彩り、海を渡って海外の人々を魅了したのです。

再訪した「タチバナ印刷」には、「職人の街 堺」の歴史と証が確かに残っていました。


タチバナ印刷株式会社
堺区南清水町1丁1-11
TEL 072-233-7405
FAX 072-233-7406

検索

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りに追加

堺「意外史」探訪
| トップページ |