| トップページ |
雑記帖 No.040

みんなのかふぇ

夢を育てるカフェ

00_mincafe_door.jpg

■いきおいではじめた『みんかふぇ
日替わりカフェ。それは同じ店舗なのに屋号・店長・シェフが毎日変わるカフェのこと。当然メニューも日替わりです。
『みんなのかふぇ』(みんかふぇ)が堺市中区東山でオープンしたのは3年前。自らも美肌ランチとスイーツのお店『Teeth』のワンデーオーナーを務める代表の北條さんに、実は飲食業の経験はありませんでした。

01_mincafe_place.jpg
▲堺市中区東山にある『みんかふぇ』。緑に囲まれた優しい印象の木造の建物です。

「もともとはエステティシャンで、肌トラブルが解消する手作り石けんの販売もはじめたんです」
オープンしたwebショップ『キッチンの魔法使い』の手作りのオリーブ石けんは好評で、イベントにも出店しています。

自らもイベントの運営をはじめると、同じ様に小さなイベントを運営する人達と出会い、グループで活動が広がりました。
子供向けの夏休み工作イベントを毎年開催したり、異業種交流会でコラボを手掛けたりと、新しいチャレンジがはじまったのです。


そんな頃、手作り石けんを納めていたエコショップが突然閉店します。家主の『コアー建築工房』さんによると、オーナーの事情で営業が続けられなくなったのだとか。
「誰か新しくオーナーをしてくれそうな人を知りませんか?」
そう尋ねられた北條さんは、一週間ほど前の風景を思い出しました。

01_mincafe_ff01.jpg 01_mincafe_ff02.jpg
▲5月にハーベストの丘で行われたフリーフェスティバルでは『キッチンの魔法使い』も出店。 ▲スライム作りのワークショップも行いました。

「移動カフェってありますよね。あるイベントで見かけて、『楽しそうだな』って一言呟いたんです」
一言呟いた一週間後に、カフェオーナーを捜している人に出会ったことに北條さんは何か運命的なものを感じました。

これまでに出会った知り合いの中には、将来小料理屋をはじめたいと思っていた人、パン教室の先生、料理好きの人がいました。誰も飲食業の経験はありませんが、みんなと力を併せれば出来るのではないかと思ったのです。
2ヶ月後には『みんかふぇ』はオープン。
「みんかふぇはイキオイではじめたんですよ」


■手作りであること
02_mincafe_menu.jpg
▲お店によってオープンの曜日やペースが決まっていますので、カレンダーを参照してください。(写真は2013年7月のカレンダーです)

「先月新しく2店舗開店したばかりです」
『みんかふぇ』のお店の数は現在11店舗にまで増えました。
「面接に来てもらって、その場ですぐに採用を決めることもあります。いつからオープンします? なんて時も」
決め手は出会った時の相手の印象。料理好きの人は自分で工夫して美味しい料理を作るはずと、信頼し任せています。

02_mincafe_lunch01.jpg
▲毎日タイプの違う料理自慢が腕を振るう『みんかふぇ』のランチは「絶対にお得!」と北條さん。美味を追求するあまり、採算度外視にもなりがちなんてことも。


02_mincafe_lunch02.jpg 02_mincafe_lunch03.jpg
▲『Teeth』のランチから。新ごぼうのビジソワーズは、繊維質たっぷりで畑の風味豊か。 ▲『Teeth』のランチ。手前左のアボカドのナムルは、食材の合わせ方に目からウロコ。奥にある押し麦のリゾットも食感がたまりません!

日替わりで色んな個性の料理を味わえるのも『みんかふぇ』の魅力のひとつです。
「ただ、『手作りであること』だけにはこだわってもらっています。お店をするなら手作りで。マヨネーズまで手作りしろとは言いませんが(笑) 自分たちの作ったものでお客様に喜んで欲しいというのが、『みんかふぇ』で唯一こだわっていることですね」


02_mincafe_futari.jpg
▲準備のための1日、プレオープンの1日、本オープンの1日の合計三日間は北條さんもサポートでお店に入ります。



■夢を叶える場
「みんなすっかり逞しくなりました」
すでにオープンして3年目に突入した店が3店舗、2年目のお店が1店舗になります。
「正直、『みんかふぇ』は交通の不便な場所にあるので、お客様の入る日もあれば入らない日もあります。最初は料理を作るのに精一杯だったみんなも、チラシを配りにいったり、イベントをしたり色んな営業努力をするようになったんです」
今度のイベントでは、ワンプレートに1店1品ずつ料理を載せたプレートランチを出して、一皿で『みんかふぇ』の魅力を堪能してもらう予定。お好みの味のお店を見つけて欲しいですね。

03_mincafe_lunch04.jpg 03_mincafe_cake01.jpg
▲『Teeth』のランチから。食前スムージー。 ▲手作りのケーキ。プチトマトと黒コショウがアクセントになったスポンジケーキ。

「『みんかふぇ』はみんなの夢を叶えるための場だと考えています。まだお店を持つに至った人はいませんが、先日卒業された方は、40代にして就職が決まって料理学校の先生になったんですよ」
ただ料理が好きで始めた人が、料理の道で就職して夢を掴んだのです。
「『みんかふぇ』で夢を叶えるでもいいし、『みんかふぇ』をステップにして夢を叶えるでもいいと思うんです」

03_mincafe_terrace.jpg
▲さわやかな風と木漏れ日の降り注ぐテラス。

そんな北條さんも次のステップへ向かおうと考えています。
「代表オーナーを別の方に引き継いでもらうことにしたんです。そうすることで『みんかふぇ』も新しくなるんじゃないかな」
これからも『みんかふぇ』は姿を変えながらも、夢を叶える場として多くの人を受け入れ育てていくことでしょう。

みんかふぇ
大阪府堺市中区東山 593 
コアー建築工房内 
TEL 072-237-2123
web:

営業時間 11:00~16:00 
(エコショップは10:00~16:30) 

定休日 毎週水曜日,祝祭日 
(その他不定休もあります) 



検索

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りに追加

堺「意外史」探訪
| トップページ |