堺・南大阪の地域情報 つーる・ど・堺 ホウユウ株式会社

ORCA オルカ(雑貨/倉敷意匠専門店)

---見ぃつけたぁ♪ ザクザク雑貨の宝箱---



「え?前からここ雑貨屋さんだった?ってよく言われます。ご近所の方にも。」七道駅から南へ、南海電車の高架沿いを歩いて5分。グレイッシュブルーの小さいお店。“わざわざ新幹線や飛行機を使ってお客さんがやってくる。”そんな噂を聞きつけ、その魅力を探ってきました。



開店は平成12年3月4日。「1,2,3,4と覚えやすいかなと思って。」でも記念すべき10周年は「忘れていました。」と笑うオーナーの安里清邦(やすざときよくに)さん。看板犬のバンプ君と一緒にいつも穏やかに迎えてくれます。

昔から雑貨屋巡りが大好き。しかし雑貨屋をやるべきか否か悩み続けたそう。何かを見つけたいと全国を旅していた時に北海道で転機が訪れます。それは少し変わり者の木彫師との出会い。関東から出てきて独学で木彫りを習得したという話を聞き「やってみよう」。20代半ばでした。
その時購入したフクロウの置物は今も大切な宝物。「本当に良い雑貨は人を幸せにしたり勇気づけたりする力があると思います。」

最初のお店は自宅横にアメリカ製のキットハウスを自ら組み立てて作りました。当時扱っていた商品は、今のテイストとは異なる海外のアンティーク雑貨。独学でアンティークの勉強をするものの「やればやるほど奥が深すぎて手に負えない。」
そこで方針を転換。その間にお店を今の場所へ移転。商品の内容は大きく変わります。



そして現在のORCA。大きな特徴は『100%国産の商品を置いている』ということ。そして『日本の手仕事にこだわるブランド“倉敷意匠”の“日本で唯一の専門店”である』ということ。
倉敷まで社長に会いに行き、“自分が欲しい物を作っている”という考え方に共感したといいます。“100人に売れなくてもいい、欲しいと思っている1人に向けて”という信念。どの商品を見てもそれを感じ取ることができます。
「小さいお店は大手が出来ないこと、やらないことをやらないと。」



お店は外装内装ともに安里さんの手作りです。「元々は駐車場なんですけど。」・・・見えません!そしてお店の雰囲気にどんぴしゃな扉。表にナンバーが付いていますが?「大学の教室の扉なんですよ。」
天井の梁は昔アメリカの納屋で実際に使われていた材。ナタで削った跡が残っています。



床はキィキィと音をたてるようにわざと板を置いただけにしているそう。「ときどき隙間にお客さんのヒールが入ってしまう。」それは・・・来店記念ってことで。



商品を並べている棚は“ジャガイモ箱”を組んだもの。オランダで収穫用として使用されていたアンティークです。「床から天井までいっぱいに商品が並べられます。」聞けば聞くほど楽しいものだらけ。



■左・マスキングテープ(関美穂子、岡理恵子、井上陽子)¥157~178
■右・関美穂子ぽち袋 小¥278・大¥315
※金額はすべて税込み



■左・ならのソーイングボックス¥12,810
■右・今治のウォッシュタオル¥693(左) ・女性のためのボディタオル¥1,050(右)
※金額はすべて税込み

今治のボディタオルは人気商品。「日本製で素材からこだわって作っているので安心。ちょっとしたお礼にとまとめ買いしていく人もいらっしゃいます。」
商品を手に取って見ていると、産地のこと、デザインの由来、エピソードなどをさらりと語ってくださいます。ひとつひとつの裏側に物語が詰まっているのですね。「お客さんが楽しそうにお買い物をしている姿を見るのが幸せなんです。」

登録すればセールや入荷情報を知らせてくれるメールサービスが好評です。初めは本に広告を出していたそうですが「1回来られた方がいろいろな情報が欲しいということでしたのでメールに変えました。」
メールには安里さんの近況報告がプラスされていることも。週末に京都でカフェ巡りをしてきました、高円寺のライブハウスにお友たちのライブを見に行ってきました、など。何気に乙女(!?)な話題がリアル乙女(!?)の心をくすぐるのかも。
安里さんの意外な一面を知ることができて毎回楽しみにしている人も多いでしょう?「そういう話を楽しみに来店してくださる方もいらっしゃいますし、犬を触りに来る方とか・・・いろいろです(笑)」

季節に添ったサービスも魅力。福袋はお客さんからのリクエストが多く、第2弾が実現。「僕自身はよい物に当たったことがないので福袋はあまり好きではなかったのですが。」お客さんが選んだ商品に加え、ORCAセレクトの商品が入ります。「すごく良かった!」「またやってね!」の声が安里さんの原動力。



夢は?「看板を出さない、ぱっとわからないお店。それでやっていければいいんですけど(笑)。」いや今でも十分に隠れ家っぽいですって!

七道生まれの七道育ち。お店の情報だけではなく地域の情報も発信していきたいとおっしゃいます。白砂青松の海辺だったという歴史、伝統産業の刃物屋さんやお香屋さんのこと、レンタサイクルが安価で利用できるということ、そして素敵なカフェがあるということ。「せっかく来てくださる方に一日楽しく回って過ごしていただきたいですから。」

今まで内緒にしていた・・・訳ではありませんが、弊社はORCAさんの並びにあります。
何か面白いコラボレーションができたらいいね、と密かに(?)計画中です。今後の展開をお楽しみに。



■取材日:2010.11.15&26
■ORCA
堺市堺区海山町1-8-10
TEL: 072-229-7775 FAX: 072-229-6852  
営業: 10:00 - 18:00       
定休日:不定休(最新情報ブログにてご確認ください。) 
http://www.vesta.dti.ne.jp/~orca/