堺・南大阪の地域情報 つーる・ど・堺 ホウユウ株式会社

図工ラボ

---アートなSAKAI、SEKAIへ向けて。---



南島町、長屋再生リノベーションの一環として、さらに手を上げてくれたのが、デザインオフィスA4(エーヨン)クルーである菅野大門さん(写真右)と福井守さん(写真左)。この若きデザイナーふたりが工房兼事務所の雑貨屋さんを開きました。その名も「図工ラボ」。(「図工ラボ」も花井さんの店子さんです。詳しくは”南島リノベーション”記事へ)



長屋の外壁をそのまま残す渋い外観。でも中身は…

菅野さんと福井さんは、神戸の芸術系大学在学中にデザイン事務所を設立。当時は4人だったそうですが、それぞれの道を進む過程で、現在は2人に。
しばらくはマンションの一室で事務所を構えていましたが、あまりに「閉鎖的」。この環境をなんとかしたいと工房を探していたところ、花井さん所有の四軒長屋に行き着いたのです。
「先に“HOME GALLARY”との繋がりでここ、南島町の存在は知っていましたし。入りやすい環境ではありましたね。」
さらにマンションではなく『戸建て』というところにも魅力を感じたそう。
「人の集まれる場所を作りたいという希望もあり、ここなら理想に沿うと思ったんです。人の出入りがあると“気が廻る”というでしょう?マンションだと“気”がどうしても停滞する感じがして。」

図工ラボは“雑貨屋さん”と聞いていたのですが、普通の雑貨屋さんとはかなり雰囲気が違いますね?
「僕らは工房兼ショップですからね。商品の隣で仕事もします。」



リニューアル前の写真ですが、今でもこのスタイルは変わりません。お仕事中の皆さんの背中、カッコイイ!

「雑貨を置くことで、来てもらったお客さんとの会話のきっかけになればと思っています。“工房”より“雑貨屋さん”だと、ずっと入りやすいでしょう?」
色々なメーカーのデッドストックな商品、忘れ去られたような、懐かしくも良いデザインのものが、菅野さんの目利きで集められてきます。ひとつひとつの雑貨達のエピソードを聞かせてもらうのも楽しいひととき。
そんな魅力的な雑貨を見に来られたお客さんと一気に仲良くなってしまうのが菅野さん流。ビジネスが成立した例も珍しくありません。
でもなかにはこんなお客様も…。
「大阪市内から自転車でこの辺を廻っている小学生が、偶然ふらっと来てくれたんです。夏休み中は週に3・4回は通ってくれて、一緒に夏休みの宿題を作ったり、ワークショップに参加してくれたり。」
大阪からわざわざ通ってくれていたゆうきくん(七道では超有名人)、また堺に遊びに来てね。

さて「図工ラボ」の基本概念はクラフト、つまり「ものづくり」。
「なんでも作ってみたいんです。一から考え、手を加えて。そのためには色々なものづくりの工場を見に行きたいですね。素材もいろいろなもの…こだわりはありません。なんでもやってみたい。」
ワークショップに訪れるちびっことの交流も、菅野さん的には「ものづくり」のひとつなのかもしれません。
「将来的な展望としては、図工ラボのオリジナル商品を生み出して、ネット上で紹介をしたいんです。販売ももちろんですけど、これなら本物を見てみたい、実物を触ってみたい、図工ラボでしか見ることが出来ないのなら、よっしゃ、行ってやろうじゃないか、とね。
世界中に堺発信のオリジナル商品を知らせ、それを見に堺にきてくれるような道をつくりたい。SEKAIからSAKAIへ、ですね。」
おお、なんともグローバルな展望!
「堺アートの発信源」の可能性を秘めた図工ラボ。そのパワーをもらいに、是非足を運んでみて下さいね!

※図工ラボに来られる際は、念のため前日までにメールかお電話でのご予約を、とのことでした。

進化し続ける「図工ラボ」リニューアルOPEN!(2011・1)



デットストック雑貨ももちろんありますが、「デザインオフィスA4」オリジナル商品も揃ってます。



写真左はリニューアル前のもの。写真右はリニューアル後。シックにまとまった感じかな?



チョコ型マグネットがとてつもなく可愛い!!バレンタインにいかが?(\500)



シャチハタとの共同開発、顔ハンコ。お顔もなかなか趣深いですが、ふにゃふにゃした触感がなんとも…愛しい。(思わず、1個購入。\500)



図工ラボアカリ珈琲のコラボ商品、豆ラップ。本皮使用でいい風合い。(\500)

他にも、テキスタイルデザイナー宇治侑香さんの作品や、“HOME GALLARY” 横田真理さんの1点もの、ジュエリーデザイナー、ヤマモトアツシさん作品と、繋がりを大事にする図工ラボならではのお仲間作品も多数。
「とりあえず100%アカリ珈琲さんからのご紹介なんで。ほんと気軽に来てください。」
ん?どっかで聞いたような…

最後に、ヤマモトアツシさんをご紹介。



図工ラボのスペースをシェアしているヤマモトアツシさんは初代HOME GALLARYの創設者。つまり南島アート集団を率いてきた陰の立役者です。山本敦史さんが発信する「JEWELLERY BALLOON PROJECT」は、つい顔がほころんでしまう内容。
著名なジュエリーブランド数社と契約されておられる、先が楽しみな作家さんです。
でも寂しいことに、アントワープ王立芸術アカデミーへ留学が決まっているそう。
堺へ戻ってくれることを切に祈ります…!



JEWELLERY BALLOON PROJECT」の詳細はこちら。
取材したこの日も飛ばしていました。どうか帰ってきますように。




■取材日:2010.11.25
■〒590-0904
大阪府堺市堺区南島町2丁59-1A-4
TEL&FAX: 072-220-4697
MAIL:info@zuko-labo.com
営業時間:
月・火   お休み
水・木・金 13:00~19:00
土・日・祝 11:00~19:00
たまに不定休あり。