| トップページ |
まちあるき No.112

今年も開催。のびのび、楽しく、お悩み解決!

「夏休みの宿題さっさとやっちゃおう企画」2015・夏。

◆夏夏夏夏、楽しい夏
子どもたちにとって、待ち遠しかった季節
夏休みの到来!
しかし、どうしてもさけられないのが、夏休みの宿題
しかも、時間とアイデアが必要な工作などはあとまわし

それなら、夏のはじめにみんなで集まって
人生の先輩である、頼もしい先生たちから知恵をいただいて
さっさとやっちゃお~と
恒例になりつつある!? この企画
今年も紙カフェ主催、堺山之口商店街バックアップにより
開催されました

2015年7月25日(土)10:00~16:30(7月度編)>

natuyasumi001.jpg

すっかり大人になっても、
「あぁ、宿題、やってない~。どうしよう」
夏休み最終日の朝。
このような夢から覚めて、ヒヤ汗をかきながら
飛び起きた記憶が、今でも残るライターのアンです。

そんなことを思い出しながら、
開運マニアであるワタクシとしては、
今日は子どものたちの元気の"気"・パワーをいただきに、
3会場を一日中走り回ってレポートいたします。

natuyasumi002.jpg

おっと、まずは、商店街を見守ってくださっている
開口神社(あぐちじんじゃ)にお参り。
「いつもありがとうございます。今日もよろしくお願いいたします」

◆さぁ、はじまりました
いきなりの、子どもたちのにぎわい
『子育て支援施設』では
1
2年生向け、牛乳パックで作る貯金箱教室

"おもちゃおじさん"こと梶山先生が
中心となったボランティアグループの方々が
ひとつずつ、丁寧に教えてくれます。

natuyasumi003.jpg

午前の部は万華鏡貯金箱に挑戦です。
ただ今、万華鏡の中の絵を自由に作成中。
natuyasumi004.jpg

前回も参加したという親子たち。
1
年生のお兄ちゃんの作っているものが気になります。


年生~6年生向け、端木で作る積み木風貯金箱教室
日根野谷先生は、『木工舍 日根野屋』の家具職人さん

子どもたちのアイデア次第で、自由に工作オールOK
natuyasumi005.jpg

5年生と6年生の姉妹で初参加。
どのような作品ができるのか、楽しみです。

natuyasumi006.jpg


◆さらに、奥のフロアでは書道教室が開かれております

natuyasumi007.jpg

西川先生のちょっとしたアドバイスで、
筆の運びがのびやかに。

◆『鞄の箱』さんの、町屋風の感じがする奥の間では
女子でも男子でもウェルカム
ナチュラルテイストのカラフル木材で作る
おうち型貯金箱教室

natuyasumi008.jpg

やさしく親身になって教えてくださる横山先生。
通称おーちゃん先生。
おっちゃん先生が、おーちゃん先生に変化したとか。
"おっちゃん"なんて。
横山先生、センス抜群です。

natuyasumi009.jpg

双子の姉妹で初参加。
さらに、"電動ドリルを使うのは初めて"と、大はしゃぎ。
そうでしょう、大人のワタクシもいまだに使ったことありませんよ。
natuyasumi010.jpg

大人のワタクシも、ここで、何か作りたい!

◆『紙カフェ』では、フランス手芸
カルトナージュで作る乙女チック貯金箱教室

早速、女の子たちが集まって色とりどりの小物入れ作りにチャレンジ。

natuyasumi011.jpg

「箱や布も自宅にあるものを利用すれば、
簡単にカルトナージュ作りを楽しめますよ」
アイデア豊富な吉居先生。

natuyasumi012.jpg natuyasumi013.jpg

「布にスタンプを押して、そのあと
あて布をしてアイロンをかけるだけで、
かわいいアクセントに」

natuyasumi014.jpg

ふむふむ。
これならワタクシでもできそうです。

natuyasumi015.jpg

お母さまをはじめ、双子の姉妹とお姉ちゃんが作品を持って勢ぞろい。
お姉ちゃんは、ポンポンガーランドがアクセント
となったカルトナージュを作りました。
みなさん、か、かわいい!
natuyasumi016.jpg

お昼を過ぎるころ、どこからともなく、
やさしいオカリナの音が。
商店街の中を、懐かしい音色が響き渡ります。

natuyasumi017.JPG

手づくりミニオカリナを買ってもらった子どもたち。
早速、吹いてくれました。
何だか子どものころの楽しかった夏休みを
思い出してか、
ワタクシはノスタルジーを感じてしまいました。

◆『子育て支援施設』での
牛乳パックで作る貯金箱教室
午後の部は、かえるの貯金箱作りがはじまりました

natuyasumi018.jpg natuyasumi019.jpg

はさみの使い方からペンの塗り方まで
最初の第一歩から教えてくれる、
ボランティアグループの方々。

natuyasumi020.jpg

やっとできました、かえるの貯金箱の完成です。

「昔は小型ナイフで何でも作っていたのだよ」
話しかけてくれた、梶山先生。

「子どもたちが自由に来て遊べる、
"常設のあそび場"が地域にあればいいのだけれど」
梶山先生は話します。

「子ども時代の遊び経験が多いほど

モノを作ることに苦手意識がなくなるかもしれないからね」
その通りです、梶山先生。

◆さあ~、ますます、楽しく、盛り上がってきましたよ~
子どもたち、真剣です
natuyasumi021.jpg natuyasumi022.jpg

「ゆっくりでいいよ。次は何かな」
日根野谷先生は、子どもたちに、さらりと話しかけます。

「子どもたちの自由な発想にまかせて、
それを手助けしているだけ。
さっさと仕上げる子、ゆっくり作り上げる子、
みんな、いろいろだから楽しい!」

そうです、そうです。

十人十色ですものね、日根野谷先生。

natuyasumi023.jpg

じゃじゃ~ん、完成です。
えっ、これって貯金箱!?
お金をピストルの玉に見立てて遊ぶ"ピストル型の貯金箱!?" に、 
お金を小分けにして貯めることのできる
"おうち型貯金箱!?" だとか。

natuyasumi024.jpg

これは、"輪ゴムで動く貯金箱!?" ですって
natuyasumi025.jpg

まるまる一日かけて、
"ドリームハウス貯金箱!?" に
"幸せの鳥貯金箱!?" 、みごと完成。

ね、どれもこれも
いい作品でしょう。

「答えは、ひとつではないぞ!」
って、

教えていただきました。

ワタクシはまたひとつ元気をいただき、
さらに、シャキ~ンと目が覚めました。


◆「堺山之口商店街の店舗」もゲスト参加!

みなさまのあたたかいご協力で、楽しいイベントが
開催できました。ありがとうございました。

◆いいことは何でも取り入れる、寺子屋スタイルの
『個別指導専門塾 未来アカデミー』の福島塾長さん
自習室を無料開放! してくれました

natuyasumi026.jpg

◆お店の中は、いつもと違う
素敵な空間が広がる
開口神社の横の雑貨屋『AJUKAJU』さん

natuyasumi027.jpg

◆「泉州名物 がっちょのからあげ」も
人気ですと教えてくれた、
堺・泉州の魅力を伝える商品ズラリ『泉州庵』さん

natuyasumi028.jpg

『アンの気まぐれ写真』

◎「ぱんだ こふん はんこ」

natuyasumi029.jpg

やってみました。
ハンカチに「ぱんだ こふん はんこ」を押したら

natuyasumi030.jpg

愛犬ポー子の首元、ちょっと、かわいらしくなったかなぁ

検索

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入りに追加

堺「意外史」探訪
| トップページ |