| トップページ |
まちあるき No.096

ハカダンスに魅了され

ニュージーランド物産展レポート

haka_00_face.jpg


■ヘルシーなニュージーランド
堺市南区の『ハーベストの丘』は緑豊かな農業公園で、休日には親子連れでにぎわう定番のスポット。この日は『ニュージーランドフェア』が開催されましたが、これは堺市とニュージーランドの首都ウェリントン市が姉妹都市となって20周年を記念したイベントです。

haka_01_harvest.jpg haka_01_kankou.jpg
▲親子連れが目立つハーベストの丘。 ▲堺の観光PRも。


さっそく目についたのは『ニュージーランド物産展』。出展ブースを覗いてみましょう。
ニュージーランド料理の『キウィハウス』さんのブース。ニュージーランド料理の特徴は「ハチミツとハーブ」。

haka_01_hachimitu01.jpg haka_01_hachimitu02.jpg
▲「ニュージーランド産生はちみつ専門店PBees」。ハチミツの消費量は世界一。砂糖替わりに料理に合わせて様々なハチミツを使い分けます。 ▲フルーツと合わせて。

haka_01_hachimitu03.jpg haka_01_softcream01.jpg
▲「花サラダ発祥もニュージーランドなんですよ」と「キウィハウス」の松沼さん。 ▲濃厚なソフトクリームにはハカダンサーも並びます。「本高砂屋 ヘイララ事業部」提供のトンガ生まれニュージーランド育ちのバニラ。

自然環境が素晴らしいニュージーランドの牡蠣は毒をため込まないのであたらないそうです。美味しくてヘルシーな料理が楽しめます。

haka_02_wellington02.jpg haka_02_wellington01.jpg
▲ウェリントン市の紹介ブース。コンパクトで美しい都市だそう。 ▲大ヒットした『ロード・オブ・ザ・リング』の監督ピーター・ジャクソンの生まれ故郷で撮影も行われました。映画に登場したホビット庄と堺市は仮想姉妹都市です。

ウェリントン市のセリア市長も来堺し『ハーベストの丘』も訪問されていました。
「堺の自転車メーカー『シマノ』が有名です。ウェリントンは『自転車の首都』と言われるほどの町なんですよ」
とのこと。そんなセリア市長も「わくわくした」とおっしゃったのが、日本在住のニュージーランド人による伝統舞踊のステージです。

haka_02_mayer01.jpg
▲堺のメディア「&Rice」の取材を受けるセリア市長と、堺市の狭間副市長。


全ての生命に共鳴するダンス
ハカダンスは、ラグビーのニュージーランド代表チーム『オールブラックス』が試合前に披露し、テレビなどで見た方も少なくないでしょうが、元来はニュージーランドの先住民族マオリに伝わるもの。

この日のステージには、マオリの装束に身を包んだダンサーたちが登場。ハカだけでなく様々なダンスを見せてくれました。
こうしたダンスは、昔部族同士の争いが盛んだったころ、戦士たちが体を鍛える訓練として行われていたものも多いそうです。

haka_03_dance01.jpg
▲ポイという飾りを使って手首を柔らかくするダンス。
haka_03_dance02.jpg
▲スティックで動体視力を鍛える。

興味をひかれたのは両手を前に出して振る『ウィリ』という動作。人間や動物、植物など生命全てのハートが共鳴している様を表しています。

haka_03_dance_wirr.jpg
▲子供たちも一緒になって『ウィリ』!

そして、いよいよお待ちかねの『ハカ』。ハカは、数ある伝統舞踊の中のひとつだそうです。戦いを前にした男たちが、闘争心を鼓舞し、まるで体まで大きくなるかのようです。

haka_03_dance03.jpg
▲迫力あるハカに圧倒される。

haka_03_dance04.jpg haka_03_dance05.jpg



最後は、男女の引き裂かれた恋の歌。ニュージーランドで一番有名なラブソング『ポカレカレ・アナ』。
マオリ、ニュージーランドの芳醇な文化の一端が垣間見えたように思います。


「ニュージーランド人ならだれでも踊れるよ」
ステージ終了後のダンサーに突撃取材を試みました。快くインタビューに答えてくれたのは、オークランド出身のケリー・ハーディングさん。流ちょうな日本語で語ってくださいました。

haka_04_dancer.jpg
▲向かって右がケリーさん。左のお二人はプロのダンサーです。

......ハカなど伝統舞踊はどこで習ったのですか?
「ニュージーランドでは子供のころにみんな学校で教わるんだよ。ハカだけでなく、ポリネシア・タヒチ系のダンスも習うんだ」
......皆さんはプロのダンサーではないんですか?
「僕は埼玉の越谷市に住んでいて、英会話スクールの先生をしています。でも、こちらの2人はプロのダンサーですよ」
......皆さん日本在住ですか? メンバーは何人?
「はい。ニュージーランドに帰ったりで入れ替わりがあるので何人とは言いづらいのですが、今回のメンバーは8人で来ました。たしか宮城県には5人いるかな。ニュージーランド大使館のイベントなんかで呼ばれると集まってダンスを披露します」
......日本の伝統的なダンスもご存じですか?
「日本のお祭りもいいですね。阿波踊りですか? 一緒に踊って楽しかった」
......大阪や堺へは初めてですか?
「僕は2回目です。さっきたこ焼きを食べたけど美味しかったですよ」


セリア市長や堺市の狭間副市長らは、『ハーベストの丘』で羊の毛刈りショーなどを見た後、中百舌鳥の産業振興センターで行われた『留学フェア』へと向かいました。
ニュージーランドシリーズ第3弾では、留学フェアと公使講演の様子をレポートします!!


検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

堺「意外史」探訪
| トップページ |